« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

カクタスハウス(タントの会)

藤枝市高洲にありますイタリアン「カクタスハウス」さんの
タントタントマンジャーレの会に参加してきました。

この会はカクタスさんの主催で年に2回行っている会で、
「タントタントマンジャーレ」とは
「たくさんたくさん食べましょう!」という意味で
料理とワインをたっぷり楽しむ!がコンセプトです。

今回Sonnyは光栄にもワインのセレクトをさせていただきました。

2008_062708060005 つきだしのパプリカ&アンチョビそして
ブラックオリーブ&ケッパーの2種のブルスケッタです。
アペリティフも兼ねてロゼのスプマンテをあわせました。

2008_062708060004_2 つづいて、鰯のグラタンシチリア風、豚足と野菜のゼリー寄せ
少しくせのある鰯とまったり味の豚足には

ほんの少し樽の風味がするトスカーナの白
ヴェルナッチャ ディ サンジミニャーノ

2008_062708060003 ニョッキの冷製 フルーツトマトソース仕立て

トマトのさわやかな風味と、ほんの少しのクリーム感が
アルトアディジェ産のピノネロとよく合いました!

2008_062708060002 メインはイベリコ豚のロースト サルサヴェルデ

うま味たっぷりのイベリコ豚のとろけるような脂身に
バジリカータ産の芳醇なアリアーニコが良かったです。

このあとデザート 桃のスープ 白ワインのムース&レモンシャーベット
こちらもケーキ屋さんを併設しているカクタスならではの
繊細かつヴォリュームありのデザートでした。

お客様たちはみなさん大満足で、このあとのゲーム大会も大盛り上がり!

Sonnyのつたないワインのコメントも
熱心に聴いてくださりありがとうございました!

Sonnyも楽しく美味しくすごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅酒造り

梅酒を仕込みました。(6月14日のことです。)
といっても実際仕込んだのは、嫁と娘です。

近くの八百屋さんに島田の伊太産(地元では有名)の
南高梅が入ったとのことで早速嫁が買ってきました。

2008_0614080005 まず梅をきれいに洗って、2008_0614080001_2ざるにあげます。
ふきんで水気を拭きながら、
きれいな串でヘタをとります。
そして表面に三つくらい
ちいさな穴を開けます。

次に広口瓶(梅が1キロなら4リットルタイプ)に、
梅、氷砂糖(500gから1000g)を交互に入れます。

そしてベースになるお酒を入れて完成です。

ところで皆さん、梅酒はホワイトリカーって決めてませんか?

うちでは、本格焼酎や日本酒などで漬けます。
ベースの酒類もいいものを使うと体に良いし味も良い!
今年は、
福岡の天盃(麦)
沖縄の瑞泉(青龍)

初挑戦の
五一ブランデーVO(長野)

さてさてどんな味に仕上がりますか・・・?

そうそう仕込んだらこんな風に
なにがベースで砂糖をどのくらいいれたか
メモっておくと次に仕込む時の参考になりますよ!

2008_0614080004_22008_0614080002

| | コメント (9) | トラックバック (0)

父の日in「ガーデン庭夢」

今度の日曜日は父の日ですねー!

もちろんSonnyのお店には

素敵なお父さんにぴったりのお酒達がたくさんそろってます。

是非、お出かけをsign03

それから今年は特別に島田市東町の

ガーデン庭夢さんhttp://www.teimu.com/の特設ブースで

大村屋酒造さんの父の日限定「特別純米原酒」販売します。

ガーデン庭夢さんで販売されている素敵な小物とのコラボや

こだわりのキレでのラッピングなど魅力満載です。

是非ガーデン庭夢さんにも行ってみてねsign03

2008_06100005 2008_06100004

2008_06100003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近藤房之助inジェノバ

昨夜、藤枝の駅南、リストランテ・ジェノバで
http://web.thn.jp/genova/
近藤房之助さんのライブがありましたnotes

今回のライブは憂歌団の木村充揮さんとのジョイント。
どんな感じになるか、とーっても楽しみでした。

昨年「男唄~昭和讃歩~」なるアルバムを発売されたお二人・・

そのアルバムの中からの曲を数曲、それにお得意のブルース

いやー!煙草と酒がよく似合うお二人、いい感じでした。

もちろんSonnyも「ぐでんぐでん」になりながらノリノリ・・・

同席したお友達も「たまらんいぃ~!」を連発!

アンコールではお二人がらみのアニソン2曲・・

うぅん昨夜も、幸せでした・・・

7月22日のTOKU&小沼ようすけも楽しみです。

ジェノバでのライブ楽しめます!

足代考えただけでもリーゾナブルsign03

2008_06100001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

からっ風田植えの会 

今日はSonnyが会長を務める、静岡吟醸酒「からっ風」の会、
「からっ風会」の田植えの会へ行ってきました。

場所は磐田市敷地、
東海道線から天竜浜名湖鉄道を乗り継いで行ってみました。

2008_06080043 静岡県内にいてもなかなか
乗る機会がない、貴重なローカル線です。

こんな感じの一両編成の
ディーゼルカーでした。
ちなみにワンマンで、乗ったら整理券をとるのです!

仲間の酒屋さんやからっ風醸造元の花の舞さんの
http://www.hananomai.co.jp/index.html
社員さんたちと
とりとめもない話をしているうちに、敷地駅へ到着です。2008_06080036 2008_06080033

ここから徒歩で数分のサンシャイン農場へ・・・
こちらの乗松さんにお世話になりました。
乗松さんは「静岡山田錦研究会」の相談役で
http://www.hananomai.co.jp/kodawari/kodawari.html#yama
「からっ風」はこちらの会の酒米、山田錦が原料です。
「静岡山田錦研究会」の山田錦は乗松さんはじめとする
会員のみなさんの熱い想いとたゆまぬ努力で
非常に高い品質を誇っています。

もちろん今日植える苗も、酒米の王様「山田錦」です。

早速、現場の田んぼへ・・・
簡単な説明を受けて、さあスタート!

入ってみるとやわらかくきめ細かい泥で、
なかなか気持ちがいい感触です。

やはり体重の軽い子供はあまり沈みませんが
ヘビーな大人(花の舞Kさん)はかなり沈みます。(笑)2008_06080028

子供のころ以来50年ぶりという
酒屋のK氏や、
田植え初体験の子供たち、
わいわいがやがややりながら
一時間ほどの作業。

Mさんちのわんぱく坊主たちは、カエルやトカゲつかまえて大喜び!

2008_06080024_2 2008_06080022_2

みんな
まっすぐ植えてえいるつもりなんですが、
どうしても手元ばかり見てしますんですよね!
あれあれー!腰を伸ばしてみると・・
かなりベコベコに曲がっているような・・・・ま、いいでょう!
お疲れ様の記念撮影です。

さて、お楽しみのお昼ご飯。
今日の目玉は田んぼでとれたタニシのぬたです。
2008_06080018 2008_06080017

Sonnyもタニシは初体験!
おそるおそる食べてるみると・・・
これが美味い!コリコリした食感、
泥臭さなど微塵もありません!

乗松さんにきくと、
ここまでにするのは
うんと手間がかかるそうです。
泥抜きから、ゆで、水で冷やしたりと・・・
ほんとにありがとうございます。
もちろんちらし寿司も、豚汁も幸せな美味さ・・・

電車で来ているので心おけなくタニシをあてに
「からっ風」を存分楽しみました。

敷地の新鮮な空気と、適度な労働(田植え)、
乗松さんの手作り料理ですっかりリフレッシュ!
会員の中から「稲刈りもやろう!」という声も・・・
企画したSonnyとしては嬉しい限りです。

ご参加いただいた会員のみなさま、ありがとうございました。

乗松さん、またお世話になると思いますがよろしくお願いします。
また、土田製造部長をはじめとして花の舞の社員の皆様、
ほんとにお世話になりました。ありがとうございました。happy01

2008_06080010 ・・・

帰りに気づいたんですが、
敷地駅のホームの前は「田んぼ」でした。
うーん!カントリー・・・

お疲れーー!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

紫陽花byふきのとう

印象的なメジャーセブンスのアルペジオではじまるこの曲。

’83年発売のアルバム「011」に収録されています。

紫陽花の微妙な色を、人の心の色にたとえたメランコリックな曲です。

「心の色」・・外から見えたら楽だなぁと思う反面・・・

自分のが見えたら困るなぁっと感じたりもします。

それに「色」の印象って人によって感じ方違うし、

む・つ・か・し・い・・・

今日は梅雨の晴れ間、仕事してるとちと暑いです。

あなたの今日の「心の色」・・・

何色ですか?

2008_06060001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

すぎのき

昨夜は、「すぎのき」さんへ行ってきました。
(藤枝市大東町838-7telephone054-636-3899

このお店は、なにしろ料理が美味い!と仲間内で好評です。

昨夜も、出だしのお刺身(新鮮!)鮎の南蛮漬け(甘、酸が絶妙!)2008_06040002 2008_06040001

など美味い物でいっぱいでした。

はんべ(静岡独特の黒いはんぺん)のフライ、こぶくろの冷製塩だれあえ・・・

串ものも、もち手作りで工夫があって・・・

それから人気メニューの「ドイツ風豚すね肉のグリル」・・・
いわゆるアイスヴァイン風のこれがまた、素晴らしい完成度happy01

そしてそして締めの豚骨ラーメンnoodle うぅぅ!し、し・あ・わ・せ・・・

わざわざ浜松から参戦の、

N支店長も「浜松からきたかいがあった!」を連発。

たっぷりいただきました!大満足でした。

また行きたいなshine

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ピノ ネロ  コルテレンチオ

2008_05300001 イタリア、アルトアディジェの赤ワイン。

この品種(ピノノワール)らしい、

フランボワーズなどの赤い果実の香り。

口中やわらかな甘さが広がる。

中程度のドライなタンニンがアクセント。

余韻が長く続く、なかなかよいワイン。

wine750ml 2430円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正雪 純米酒

2008_05300002 静岡県、由比の酒。

ほのかに香る、吟醸香。

舌先に優しくスゥーっと入る感じ。

後味やや重めの酸あり、

しっかりとした辛口酒。

bottle720ml 1323円 1.8l 2650円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の生酒試飲会実施

さてさて昨日(1日)店頭にて「夏の生酒試飲会」を行いました。

みなさまのおかげで参加者15名、思い思いに生酒を味見してくださいまいた。2008_0601080001 2008_0601080004

アンケートの結果評判のよかったものは・・・

峰乃白梅 「酌人」 なま生・・・コストパフォーマンスの高さと飲みやすさが好評!

米鶴 純米生酒・・・非のうちどころのない完成度。

若竹 特別純米生酒・・・すっきりしたうまみが好評!

飛良泉 山廃純米生酒・・・山廃らしい複雑さと、後味の酸が印象的。

鳴門鯛 純米大吟醸無濾過生原酒・・・大吟らしい華やかさと甘み。

意外だったのは、静岡にはあまりないタイプの飛良泉が好評だったこと。

舌の肥えた人が多かったのか、この酒の複雑さ、ボディーの強さがよかったようです。

普段、あまりゆっくりと話せないお客様とも話すことができ、よいイベントでした。

また、開催したいと思います。今度はワインもいいですね。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »