« ジュピターby モーツァルト | トップページ | 日本酒の会in弥栄(with大山) »

七夕コンサートin若竹(大村屋酒造)

毎年、七夕の晩恒例の
大村屋さんのコンサートに行ってきました。

2008_07070006_2  今年の出演者は
テノールの中鉢 聡さんと
ピアノの瀧田 亮子さんでした。

手作り感いっぱいの蔵内は
ステージは大きな貯蔵タンクの前、

2008_07070007 観客の椅子は、
お酒のケースに段ボール板・・・

なかなかいい雰囲気です。

このコンサートに集まった人は
無料ということもあってか
なんと400人!割と涼しい夜だったんですが熱気むんむんです。

そんな中、瀧田さんのピアノの伴奏で中鉢さん・・・

一曲目は「女心の唄」(かっぜっのっぬぁっかぬぉーnotesってやつです)。
つやつやと照りのある(なんか照り焼きみたいだけど・・)声が
天井の高い蔵内に響き渡ります。

中鉢さんはとてもおしゃべりが上手で、地元の秋田弁も交えながら
聴衆を自分の世界に引き込んでいきます。

「出船の港」、「浜辺の歌」など日本の曲も
挟みながらの第一部は6曲。

休憩ののち、第二部です。

「みなさんもご一緒に・・」と歌われた「旧島田市歌」。
会場のみなさんで大合唱!島田の人たちはすごい。
いやー!驚きました。
藤枝市歌、歌える藤枝市民はこんなにいないと思います。

Sonnyが一番感動したのは、
途中フラメンコ風な曲調がある「グラナダ」
体全身を使い、フラメンコ風のふりをしながら熱唱する
中鉢さんには大感動!!

アンコールの「オーソレミオ」まですっかり堪能いたしました。

2008_07070002_2 コンサートのあとには、生の樽酒がふるまわれ、
(ほのかに香る杉の風味と、
力強い鬼ころしの味わいがベストマッチ!)
地元産の枝豆、トウモロコシなどとともに
とーっても美味でした。

大村屋さん大変お世話になりました。
ありがとうございましたconfident

来年も楽しみにしております。

|

« ジュピターby モーツァルト | トップページ | 日本酒の会in弥栄(with大山) »

お酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

大村屋さんで、こんな楽しい七夕コンサートをやってるとは・・。これに限らずレストランとかイベントとか、古里のことを自分がいかに知らずにきたのか、Sonnyさんのブログを読むたびに痛感してます。
それにしても島田の七夕は、昔は8月7日だったのでは・・?

投稿: ムッシュ柴田 | 2008年7月11日 (金) 17時44分

大村屋さんは地元への感謝の意味を込めて、
無料で行っているとのことです。
真に愛される地酒を目指してるんですねぇー!

いまだに藤枝では、
桃の節句は一か月遅れですが・・・

島田の七夕はどうなんでしょう?
リサーチしてみます。

投稿: Sonny Katz | 2008年7月11日 (金) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514503/41793813

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕コンサートin若竹(大村屋酒造):

« ジュピターby モーツァルト | トップページ | 日本酒の会in弥栄(with大山) »