« お酒とお米の学校・稲刈り(若竹) | トップページ | ホッキョクグマのこども »

富士山静岡空港見学

来年3月開港予定の富士山静岡空港の見学に行ってきました。
まず訪れたのは空港のふもとにある、ビジターセンターです。

2008_09070045 駐車場には廃機となったヘリコプターが展示してあり、

子どもたちはさっそく群がってます。

ビジターセンターはプレハブの小屋で、

この中で空港についての説明が受けられたり簡単な映画が見られたりします。

Sonnyたちは先に、ジオラマを使った説明を聞きました。

2008_09070036 県の職員のお兄さんがはきはきと張りのある声で、丁寧に説明してくれます。

「さぁ!空港の滑走路の長さはどのくらいあるかなぁ?」

2008_09070040 「んじゃ、横幅は?」

「静岡空港ができたらどこへ行けるようになると思う?」

などなど、子どもを飽きさせないような、とっても上手な説明にすっかり感心してしまいました。空港への思い入れがとても感じられます。

なかでも、ヘェー!と思ったのは空港周辺の自然環境への配慮です。

いろいろな植物や、数多くの昆虫、動物たちが住む周辺の「里山」を、人間の手を入れることによって、守っていこうという姿勢が説明されました。

2008_09070037 空港周辺にはいくつかのビオトープも設けられ、ビジターセンターでは周辺に生息している、水生の生物たちも展示されています。

2008_09070034 空港の大切さと、それによる自然環境の影響などを考えさせられる、よい機会になりました。

きっと、開港してからでは見落とされてしまいそうな大事なことですよね。

2008_09070030 そのあと、15分程度の映画を見せてくださいました。

先ほど説明された、空港の有用性や自然への配慮などがわかりやすく説明されていました。

さて、ビジターセンターを後にした、一行は眼下に空港が望める「石雲院」展望台へ移動です。

2008_09070028 完成間近の管制塔やターミナルビル、滑走路が眼下に広がります。

2008_09070027_3  Sonnyの弟は札幌に住んでますので、この空港ができると、とても便利になることでしょう!

ちなみにこの展望台がある「石雲院」というお寺は開山が1400年代という由緒ただしきお寺で、知る人ぞ知る古刹だそうです。

Sonnyもその立派な山門にはおもわずカメラをむけました。

2008_09070023 「富士山静岡空港」を身近に感じられた楽しい見学でした。

|

« お酒とお米の学校・稲刈り(若竹) | トップページ | ホッキョクグマのこども »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そのお寺さん、僕も6月に行ってきました。
たしかに立派な山門ですよね。
空港はフライトスケジュールも発表になり、開港が迫っていることを実感してます。
仕事で利用することになるだろうけど、プライベートでも九州へ遊びに行ってみたいです。

投稿: gattorosso | 2008年9月12日 (金) 22時09分

九州!いいですなぁ。
Sonnyも中学生の頃にブルトレ「富士」で別府まで行ったことがあります。
帰りは大分空港から飛行機でした。

投稿: Sonny Katz | 2008年9月13日 (土) 07時34分

世間では赤字間違いなしと言われているが・・・。
県知事は「赤字にはならない!」と言っている!
もし赤字になって閉鎖したら・・・・・・、


サーキットとして開放しなさい!

( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: 黒豹 | 2008年9月22日 (月) 22時20分

サーキット!
それはよいかも・・・
でも、駐車場がたくさんできるって話だけど、
どこにつくるのかなぁ?

投稿: Sonny Katz | 2008年9月24日 (水) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514503/42453760

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山静岡空港見学:

« お酒とお米の学校・稲刈り(若竹) | トップページ | ホッキョクグマのこども »