« ベッレンダ コントラーダ ディ コンチェニゴ | トップページ | グレイスワインとフレンチの夕べ »

若竹立春朝搾り

さてさて今日は立春、Sonnyは毎年恒例の島田の大村屋酒造場の「若竹立春朝搾り」のイベントに行ってきました。

このイベントは日本名門酒会のイベントです。

集合はなんと、朝5時半・・・そんなに早く行って何をするかというと、前の晩から搾られた、純米吟醸酒の瓶詰とラベル貼りのお手伝いをするのです。

蔵に行くと、瓶詰めラインでお酒がじゃんじゃん詰められています。

2009_0204090013_5 2009_0204090017_5

この詰められたお酒に「立春朝搾り」と書かれた、肩ラベルを張り付けていくのです。

2009_0204090032_3 2009_0204090022_3

そして、段ボール箱に12本づつ詰めて、出荷できる状態に・・・
遠くは愛知からも見えている酒屋さんや一般の人たち入り混じって一生懸命作業しています。

  2009_0204090036_2 2009_0204090023_2

約一時間の作業の後、お楽しみの朝食。
毎年、大村屋さんの奥様はじめとした女性スタッフが心づくしの朝食を用意してくれています。いつもとっても美味しい!暖かな豚汁とアジの開きがたまりません!

2009_0204090020_3 2009_0204090039_2

そのあと、蔵のお隣にある大井神社で参加者全員でお祓いを受けます。

2009_0204090060_2 2009_0204090041_2

祝詞、巫女さんの浦安の舞、玉ぐし奉天と滞りなく進み、

2009_0204090045_3 2009_0204090051_2

最後に御神酒となった「立春朝搾り」をいただいて終わりです。

2009_0204090043_2 2009_0204090055_2

大井神社にはもう春の息吹きが・・・

2009_0204090066_2 2009_0204090071_2

このあと「立春朝搾り」を各々車に積み込んで、店頭に並びます。

2009_0204090077_2 2009_0204090080_2

バナナやメロンを思わせるような華やかな香り、舌先に甘味を感じ、後味のフレッシュな酸のキレが良い辛口の純米吟醸酒です。

少し苦味がある、春野菜(菜の花、タケノコ)などと相性が良いでしょう!
720ml ¥1575  1800ml ¥3150
少しでしたら在庫あります。

蔵元の皆様、名門酒会のスタッフ、ご一緒させていただいた酒屋さんたち大変お世話になりました。ありがとうございました!

|

« ベッレンダ コントラーダ ディ コンチェニゴ | トップページ | グレイスワインとフレンチの夕べ »

お酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

Sonnyさん、ワシのブログにコメントありがとうぜよ!
こちらこそ、ご無沙汰しちょります。若竹さんの立春は、そりゃ盛大やっつろう。ウチはこぢんまりやけんど、楽しゅうやりよります。
けんど、立春プラス菜の花らあの提案、ナルホドながよ。フキノトウらあでも、まっことイメージも味わいも、バッチリ合いそうながやき。是非来年は、ウチもそういう提案をさいていただきたいと思います。アイデアをいただき、感謝ぜよ!

投稿: 竹村昭彦 | 2009年2月 6日 (金) 05時53分

竹村様ありがとうございます。
若竹さんの近くの蕎麦屋さんでは、
「菜の花の辛し和え、焼竹の子、出し巻きたまご&立春一合」で¥1050なんてセットメニューもやっていただきましたよぉ!

投稿: Sonny Katz | 2009年2月 6日 (金) 12時29分

いつもVin店長がお世話になっております。
なんだか、梅の写真がタダモノではないですね。
これはいいカメラをゲットしたのでは?
写真がいいとブログは楽しいですね。

投稿: Vin妻 | 2009年2月 6日 (金) 20時42分

Vin妻さんありがとうございます。
わかりますぅ?
実は昨年末にデジカメゲットしました。
コンパクトデジカメですけど、RICOHのR10ってやつです。
いままでは携帯で撮ってたんですけどね、いろんなブログ見てると写真もいいなぁって思って、手に入れました。
そういえば、VIn店長も興味ありげでしたよ。

投稿: Sonny Katz | 2009年2月 7日 (土) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514503/43955255

この記事へのトラックバック一覧です: 若竹立春朝搾り:

« ベッレンダ コントラーダ ディ コンチェニゴ | トップページ | グレイスワインとフレンチの夕べ »