« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

裏の公園の早咲き桜・・・

裏の公園(駅前公園in藤枝)の早咲き桜が満開です。

ソメイヨシノよりは少し白っぽいですが、なかなかです。

ソメイヨシノはちーっと咲き始めました・・・

2009_03260002 2009_03260006

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ジャズライブ in comodo

3月の15日に近所の藤枝パークインホテルさんの1Fにあります
「Dining caf'e comodo」ジャズライブに行ってきました。

ギター2本に、ベース、バイオリンという編成。
(海野さん、佐々木さん、樽井さん、中司さん)

ジプシーっぽい印象の演奏でした。

そっち系の曲から、

ガーシュウィンの「I Got Rhythm」などのスタンダードナンバーも演奏してくれて、

とっても楽しめました。

ワンドリンク、ビュフェスタイルの料理もついて、¥3000はお買い得!

また行きたいなぁ・・・ねぇ白茶さん!

2009_03150032 2009_03150033

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お酒とお米の学校・蔵見学(若竹)

以前に「田植え」「稲刈り」をレポートしました「お酒とお米の学校」。
今回は本年度の最終回「お酒造りの学校」が島田市の大村屋酒造場で開催されました。
集合は朝九時半、簡単な挨拶が終わったあと、まずは大村屋の製造部長、日比野氏からお酒造りについて簡単なレクチャーを受けました。
小学生のお子さんたちにもわかるよう、酵母や麹など微生物をキャラクターで表現してくれてます。
2009_03080001 2009_03080010

その後は「餅つき」です。酒米を栽培してくださっている農家「島田酒米研究会」の皆さんが、お餅のつき方をご指導してくださいました。子供たちも代わる代わるお餅をついて、つきあがったお餅を小さく丸めて、黄粉餅や、あんころ餅、磯部巻きなどにしました。
2009_03080015 2009_03080029

続いて、日比野部長の案内で、蔵内の見学です。
まずは、麹を拝見。手に取ったり、口に含んだりさせてくださいます。
2009_03080047 2009_03080052

そして、タンクの中の発酵中のもろみです。なかに見える大きな蛇管のなかを水や、お湯を通すことによって、もろみの温度をコントロールして発酵の具合を調整するのです。
2009_03080053 2009_03080056

お米を蒸す「甑(こしき)」や、ヤブタと呼ばれる搾り機から出てきた搾りたての香りをかいだり、日比野部長のわかりやすい説明で楽しい見学になりました。
2009_03080068 2009_03080072

お昼は、先ほどのお餅と、農家の皆さんが持ってきてくださった、新鮮野菜。そして蔵の女性陣手作りの豚汁。
2009_03080079
おなかがいっぱいになったら、オリジナルラベル制作です。この学校では自分達で田植えと、稲刈りをしたお米から作ったお酒「大村屋重兵衛」にこのオリジナルラベルを貼ってくれて、一人一本づつお土産としてくださいます。まさに世界に一本だけのオリジナル酒になります。
2009_03080081 2009_03080083

みんな思い思いにラベルを書いて、参加者数の200本以上のオリジナル酒が完成しました。
2009_03080093 2009_03080095

2009_03080097 2009_03080096

これで三回にわたった今年度の「お酒とお米の学校」も終了です。子供たちにもお米とお酒の関係が少しは理解できたでしょうか?来年もまた開催する予定です。募集は小学生とその親御さんたちです。興味のある方はSonnyまで!プロフィールページをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「しぼりたて」を飲む会in雪月花

お客様のKさんのお仲間たちと、しぼりたてを飲む会を、島田のお蕎麦屋さん「雪月花」で行いました。
この季節の風物詩、日本酒のしぼりたて。
「雪月花」さんの素晴らしいお料理と楽しみました。

まずは「八寸」(鴨のササミ、焼味噌、大吟醸粕のワサビ漬け、茄子のおひたし、出し巻き、焼銀杏)
もう、これは日本酒飲むしかない!みたいな前菜です。
これには喜久酔を合わせました。

喜久酔 特別本醸造 生 (藤枝)
これって生?と思うほど完成度が高く、逆にいえばフレッシュな香りには欠ける印象。しかしこの蔵独特のサラッとした喉ごしの良さには脱帽!という感じの軽快な辛口。やさしい味わいの前菜とよい相性を見せてました。

つぎに「お造り」。(しめサバ、かつお、海老、イカ、ヒラメ)
どれも新鮮で美味しい!こちらは初亀、若竹で・・・

2009_03050003_2 2009_03050015

初亀 純米吟醸 亀丸 生 (岡部)
丸くなめらかで、糖蜜や水菓子のような甘い香り。舌先に甘く後味の切れも良い。富山さんの特別栽培米(無農薬、有機肥料)使用。ほどよい旨みが魚介の甘味も引出し、よかったです。
若竹 立春朝搾り (島田)
このお酒はバックナンバーで紹介してます。相変わらずバナナっぽい香りフレッシュさ、素晴らしい!

2009_03050006 2009_0204090079

「地鶏のほうば味噌焼き」は、地鶏のうまみと味噌の風味がマッチ!めいめいに自分で焼きながらいただくので熱々です。土瓶蒸しもほどよい味加減が絶妙!
こちらは浦霞で・・・

浦霞 特別純米 しぼりたて (宮城・塩釜)
心地よい吟醸香に原酒らしいボリューム。しっかりとした味わいで後味の酸が心地よく原酒ながら、結構辛口に感じました。

2009_03050027 2009_03050035

そして、天ぷら。まずは海老、そしてふきのとうやパプリカ。
驚いたのは、大吟醸の酒粕の天ぷら!口の中で大吟醸の香りと、粕の米、麹の旨みがひろがり強烈!

2009_03050050 2009_03050057

ここで一ノ蔵・・・
一ノ蔵 特別純米生原酒 しぼりたて (宮城・大崎)
香り、味わいともいうことなし!しっかりとした米の旨みが感じられ、まさに芳醇な味わい。大きい造りの蔵ながら、その技術力の高さに関心させられました。

2009_03050061 2009_03050037

そして、手打ちの蕎麦。ううむ美味い!香り、コシ、喉ごし、だし、よかったー!
デザートにソバの実が入ったアイスクリームに黒糖焼酎をさらっとかけていただきました。いやぁ大満足の会でした。

2009_03050072 2009_03050080

Kさんとお仲間のみなさん、とても楽しかったです。ありがとうございました。
「雪月花」のみなさん、とっても美味しかったです。幸せでした。
お忙しいのにご参加いただいた大村屋のTさんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山廃酛(花の舞にて)

先月の25日に「からっ風」の醸造元「花の舞酒造」の本社工場にお邪魔しました。

ちょうど仕込みの真っ最中です!タイミングよく山廃酛を拝見することができました。

微生物の変遷が乳酸菌により終わり、きれいな状態になったところに酵母を添加したばかりとのことでした。

うーんとってもきれいです。

2009_0225090009 2009_0225090011

蔵では仕込みをしていて、ホースの中を風で送られてきた蒸米がタンクに入り、それを攪拌する櫂入れの作業が行われていました。

2009_0225090031 2009_0225090042

発酵してます。左はまだあまり盛んでありませんが、右のは盛んに発酵して泡が出ているのがわかりますか?

2009_0225090049 2009_0225090050

こうして、今年も美味しい「からっ風」が花の舞のお蔵のスタッフに造られているのです。

スタッフのみなさんお世話になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »