« グレイス明野農場 垣根甲州植樹会 その1 | トップページ | お店の前の葡萄 »

グレイス明野農場 垣根甲州植樹会 その2

さて、それでは当日の模様です。
AM10:30に集合した、グレイス明野農場は南に南アルプスが広がり、北には茅ヶ岳、西には八ヶ岳、はるか東には富士山も望めるという素晴らしいロケーションにあります。
2009_04110001 2009_04110012

2002年に開かれたこの農場は8haという広さに、メルロー、カベルネ、シャルドネなどの醸造用葡萄品種が垣根仕立てで栽培されています。

メルローの畑と、メルローの樹
2009_04110016 2009_04110013

カベルネソーヴィニヨン
2009_04110021 2009_04110023


まず、レクチャーがありまして、これだけの規模で垣根仕立ての甲州種の畑を作ることは史上初で、この日は日本のワインにとって、歴史的な一日になると強調されました。
今回Sonnyたちが植えたのは農場のなかの標高のやや低い部分に新設された、高畝の畑の部分です。
2009_04110005 2009_04110029

高畝にすることは水はけを良くすることに効果があるとのことでした。
樹間は3メートルと広めで、樹勢の強い甲州種ならではの設定となっています。
すでに、穴が掘ってくれてあるこの穴のそこを、真中が高くなるよう、逆すり鉢状に整え、
2009_04110047 2009_04110049

その中心に甲州の苗を置き、根を放射線状に広げて、土をかけていきます。
倒れないように根の周辺を少し押して安定させ、最後に表面のならして出来上がりです。
2009_04110053 2009_04110068

グレイスではこの明野の甲州種の栽培面積を増やしていく予定だそうです。
他の国にない、日本のワインの一大産地にするのが目標だそうです。
今回植えられた甲州種とはるか南の甲斐駒ケ岳。
根もとの黒いホースの中から水がところどころにまかれます。
2009_04110074 2009_04110084

お昼ごはんは畑を見渡せる丘の上に特設されたテントで・・・
午後お伺いした、グレイスミサワワイナリーの「レストラン彩」のフレンチテイストのワンプレートランチにワイン。
Sonnyは車だったので、北海道産のケルナー種のジュースをいただきました。
地元の素材がいかされたランチ、天気がよかったこの日は風も心地よく、大満足!

そののち、ミサワワイナリーに場所を移し、テースティングセミナー。
2009_04110090 2009_04110097
ワイナリーの工場内でのセミナーでしたが、タンクに囲まれたこの雰囲気もなかなかのものでした。
植樹した甲州種が無事に育ってくれるのが楽しみです。結果が出るのはまだまだ先の話ですが・・・
見守っていきましょう!

|

« グレイス明野農場 垣根甲州植樹会 その1 | トップページ | お店の前の葡萄 »

お酒」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514503/44753263

この記事へのトラックバック一覧です: グレイス明野農場 垣根甲州植樹会 その2:

« グレイス明野農場 垣根甲州植樹会 その1 | トップページ | お店の前の葡萄 »