ふきのとう

柿の実色した水曜日byふきのとう

ふきのとうと出会ったころのおはなしです・・・

 中学の頃、そのころお世辞にも流行っているとはいえない「ふきのとう」というアーティストが少し気になっていた。たまたまFMで聴いた「春雷」という曲が印象に残ったことと、趣味で弾いていたギターの情報を集めるために読んでいた雑誌「ギターブック」によく記事が載っていたからだ。そのころ「ふきのとう」は大きなヒット曲もなく、もちろん友達の中でも知ってる人はほとんどいなかった。
 ある日、昼休みにこっそりギターブックを読んでいると、隣のクラスのメグがひょっこりやってきた。彼女とは小学校1年の時、同じクラスだったことからの友達で、女子の中では気楽に話せる、気のおけない存在だった。
「へぇ、Katz、こんなの読んでんだ。」
「うん、ギター少し弾けるようになったんだよ。」
「ちょっと見せて、あっ!ふきのとう載ってるじゃん!」
「ふきのとう・・知ってるの?」
「うん、ちょっとだけね。Katzは?」
「僕もちょっとだけ。えっと春雷だったかなぁ?ラジオで聴いていいなぁって。」
「わたしもちょっとだけ。柿の実色した水曜日、知ってる?」
「知らないなぁ?」
「わたしレコード持ってるのよ。貸してあげよっか?」
「ほんと?うれしいなぁ。聴いてみたいよ。」
「んじゃ、明日持ってくるよ。」

 次の日メグは約束通り、レコードを持ってきてくれた。
 柿の実色・・・というよりも麦藁色?といった感じのメルヘンタッチなイラストが描かれたジャケット。
「へぇ、なんかかわいいジャケットだね。」
「でしょ。なかなかいい曲だよ。私のお気に入り・・・」
 うちに帰ってさっそく聴いてみた。
アコースティックギター&オカリナ?のシンプルで素朴なイントロ。ミディアムなワルツ調のリズム。つぶやくような歌い始め。そして偶然の再会を期待するストーリー。二人の淡い思い出を回想するサビ。なんといっても僕は2コーラス目の「いつものくせの右下がり・・・」ここが目に浮かぶようですっかり歌の世界に引き込まれた。レコードがすり減るといけないから、さっそくテープへダビングして何度も聴いた。

「ありがとう!いい曲だねぇ。曲もいいけど、歌詞がとっても気に入ったよ。」
「でしょ、でしょ!あの右下がりのとこなんかいいよねぇ。」
「僕もそこが気に入ったんだ。情景が目に浮かぶようでさ。」
「なんか・・うれしいな。Katzに気に入ってもらえて・・・」
「ギターで練習してみるよ。上手になったらきかせてあげるね。」
「うん、うん、待ってるわ。がんばってね!」
そう言ってくれたメグの笑顔が、なんだかいつもよりキラキラして見えた・・・

 あれからはや30年近く・・・弾き語れるようにはなったけど、結局きかせてあげる機会は訪れていない。僕もすっかりオヤジになったけど、メグもきっとおばさんになっているのだろう。どこかで元気に暮らしているだろうか?この曲を聴くたびに思い出します。

「今度君に いつ逢えるかな 偶然街で 逢えたなら・・・」

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

紫陽花byふきのとう

印象的なメジャーセブンスのアルペジオではじまるこの曲。

’83年発売のアルバム「011」に収録されています。

紫陽花の微妙な色を、人の心の色にたとえたメランコリックな曲です。

「心の色」・・外から見えたら楽だなぁと思う反面・・・

自分のが見えたら困るなぁっと感じたりもします。

それに「色」の印象って人によって感じ方違うし、

む・つ・か・し・い・・・

今日は梅雨の晴れ間、仕事してるとちと暑いです。

あなたの今日の「心の色」・・・

何色ですか?

2008_06060001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

五月雨(byふきのとう)

午後4時過ぎから雨が降り出しました・・・

さらさら細かい雨粒です。五月の雨・・・「五月雨」思いだしました。

’84年のシングルYABOのB面です。
確か当時はやりのアレンジャーを起用、
それまでのふきのとうとは雰囲気の違うアレンジでした。

その後ライブ盤(たしか緑輝く日々だったかなぁ)でのバージョンはかなり重く、
シングルで聴いたものよりドラマチックだった気がします。

細坪さんの真骨頂ともいうべきサビのたたみかけるような
高音のメロはせつなく、本当に感動的な曲です。

ラストアルバム「ever last」には別ヴァージョンで収められてます。

'84年といえば、Sonnyは高校生でしたねー

当時流行ってもいないこのシングルを友達の女の子に
無理やり聴かせたこと思い出します。

「最期のワンフレーズnotesたよりないね 恋心notesってとこが印象的!」

っていってくれた・・・あの娘のほうがずっと大人だったなぁ

しみじみ・・・rain

| | コメント (2) | トラックバック (0)

五月(May Song)byふきのとう

五月になるとふと口ずさんでしまうのです・・・karaoke

やさしいヴァイオリンのイントロが頭の中で聞こえるのです。

やわらかいワルツのリズムがとっても心地よい曲です。

1975年の2枚目のアルバム「ふたり乗りの電車」に収録されていますが

ぼくが初めて聴いたのは「ライブアンコール やさしさとして想い出として」でした。

このアルバムは2000年に「ライブプラス ワン やさしさとして想い出として」で

CD化されましたが・・・すでに廃番になってるようですね。

さいわいぼくの手元にはありますが・・・

「ふきのとう」大好きです。時々この話題もアップしますね。

明日、この歌がぴったりくる五月晴れだといいのになーsun

| | コメント (5) | トラックバック (0)